『ワンダンス』作品紹介(あらすじ・みどころ)

漫画紹介

『ワンダンス』とは

題名:ワンダンス

作者:珈琲

出版社:講談社

掲載雑誌:月間アフタヌーン

巻数:既刊5巻(2021/8/15現在)

『ワンダンス』あらすじ

この漫画の主人公は小谷花木(こたにかぼく)、高校1年生。

高校入学後少しして、部活動勧誘の集会が開かれました。

運動部、文化部と様々な部活動が紹介をしていく中で、ダンス部の勧誘時間になると俯きステージを見ないようにしている小谷。

実は小谷には過去に苦い思い出があり、人のダンスを直視することができずにいました。

体育の時間に皆で踊ったダンスを見返している際に、それを笑っている人を見て「自分のことではないか」と思い込み、それ以来ダンスというものに苦手意識をもっていたのです。

そうこうしているうちに部活動勧誘の時間も終わり、小谷は友達と何の部活に入るかを話すことになりました。

友達はバスケ部に入部するという話を聞きながら、ダンス部のパンフレットを見ている女の子に目が惹かれます。

そして放課後、その女の子がガラスの前でダンスの練習をしているのを発見します。

ダンスを見るのが苦手なはずでしたが、不思議とその子の踊る姿に引き込まれる小谷。

翌日、他のクラスとの合同授業で偶然にもあの女の子と隣の席になり、湾田光莉(わんだひかり)という名前であることを知ります。

そして光莉と何気ない会話をする中で、ダンスを直視できない過去を吐き出しますが、光莉はそんな小谷の言葉を一つひとつ聞いてくれました。

吃音があり喋るときにどもってしまう小谷にも偏見せず、「ダンスは喋らなくていい」ということに気付かせてくれました。

そんな光莉に惹かれ、ダンスへの興味がわいた小谷はダンス部に入部すること決心するのですが—–。

『ワンダンス』みどころ

題材がダンスということで割と希少なジャンルになりますが、ダンスに詳しくなくても気軽に読み進めていくことができます。

主人公の小谷はダンス初心者、ヒロインの光莉はダンスに才能があるように描写されており、光莉によって小谷がダンスの魅力に惹かれ上達していくといった感じのストーリーです。

出典 ワンダンス コミックス第1巻より

絵柄やキャラクター等は女性向けだと感じましたが、1巻時点では特に恋愛要素もないので男性の方でも内容が気に入れば合うかなと思います。

ヒロインの光莉は普段は可愛らしい感じですが、ダンスの踊り出すと人が変わったように格好良くなるのがいいなあと思いました。

出典 ワンダンス コミックス第1巻より

ダンスの題材に興味があり、試し読みでこの漫画の雰囲気が好きそうであればおすすめします。

『ワンダンス』こんな人におすすめ

□ダンスが題材の漫画を読みたい人

□可愛い女の子がいる漫画が読みたい人

コメント

タイトルとURLをコピーしました