『御手洗家、炎上する』作品紹介(あらすじ・みどころ)

漫画紹介

漫画『御手洗家、炎上する』とは

題名:『御手洗家、炎上する』

作者:藤沢もやし

出版社:講談社

掲載雑誌:Kiss

巻数:全8巻

『御手洗家、炎上する』あらすじ

今から13年前。

ある一家から発生した火が近隣に燃え移るという大きな火事が起こりました

それは、その家に住んでいた奥さんの火の不始末が原因だとされていました。

その後、夫妻は離婚を決意。

奥さんは子どもを連れて家を出ました。

そして、旦那は妻と親しかったシングルマザーと結婚し、一家はばらばらになってしまいます

それから13年後₋₋₋₋₋今のお話。

その一家の旦那と再婚したシングルマザーは、内科医の妻として、そして主婦モデルとして雑誌に掲載されるなど、順風満帆な生活を送っていました。

しかし、部屋の片づけなどの家事が苦手で、家事代行を雇っていました。

今日は新しい家事代行が御手洗家に来ることになっています。

時間通りに訪れた家事代行の名前は山内しずか。

聞けばまだ25歳で、この業界においては珍しい若い女性でした。

若いとはいっても仕事の腕前には何の問題もありません。

しずかの仕事ぶりを見た御手洗妻は、正式に家事代行の契約を交わすことにしました。

しかし、この山内しずかという女性は、仕事とは別に、ある目的でこの御手洗家に家事代行として潜入していました。

実は、彼女の本来の名前は村田杏子。

13年前は御手洗杏子と名乗っていました。

出展 御手洗家、炎上する コミックス第1巻より

つまり、この家事代行の女性は、13年前に前妻と御手洗家を出ていった子どもなのです。

13年前の家事の原因は前妻の不始末だと言われていましたが、実は、杏子は母が犯人ではないというある確信をもっていました。

御手洗家の後妻が犯人であり、その罪を母に押し付け、一家を崩壊させた。

出典 御手洗家、炎上する コミックス第1巻より

杏子はその証拠をつかむために、偽名を使用し、家事代行として御手洗家に乗り込むことになるのです。

『御手洗家、炎上する』みどころ

過去の事件の真相を暴くために御手洗家に潜入する主人公・杏子。

子どもの頃とは風貌も変えており、御手洗妻は杏子が前妻の子どもであることに気が付きません。

杏子は犯人解明の証拠につながるものを探すべく、御手洗家を捜索しようとします。

しかし、御手洗妻はなぜか杏子が2階に上がって作業することを認めません

2階に何かを隠していると考えた杏子は、御手洗妻がいない時間を狙って2階を探索します。

そして、とある部屋で謎の青年と出くわすことになります。

この漫画は、主人公・杏子側に立ち、「犯人解明の証拠を見付けることができるのか」という視点で読むことができます。

一方、御手洗妻も一筋縄ではいかない相手で、互いの心理戦が面白いです。

昼ドラ的な設定で、ハラハラとした展開が好きな方にはおすすめです

『御手洗家、炎上する』こんな人におすすめ

□緊張感がある漫画を読みたい人

□人間や社会の闇がテーマの漫画を読みたい人

コメント

タイトルとURLをコピーしました