『こんな人生は絶対嫌だ』作品紹介(あらすじ・評価)

漫画紹介

漫画『こんな人生は絶対嫌だ』とは

題名:『こんな人生は絶対嫌だ

原作:丸山ゴンザレス/漫画:船木涼介

出版社:白泉社

掲載雑誌:黒蜜

巻数:既刊1巻(2021/5/25現在)

『こんな人生は絶対嫌だ』あらすじ

この漫画の主人公は宮原紗希(みやはらさき)、女子高校生。

真面目な性格で非行とは無縁の世界にいた紗希。

しかし、あることをきっかけに紗希の世界が変わっていきます。

ある日、いつものように友達と一緒に帰ろうとしていると、友達が教室に忘れ物をしたと言い紗希の元から離れます。

1人になった紗希は友達と後で合流するために先に校門の方へと歩いていきます。

すると煙草を吸ってたむろっている不良たちと遭遇してしまうのです。

思わず逃げようとするも不良たちから呼び止められ、「共犯になってくれ」という不良たちの主張により紗希は煙草を吸ってしまいます。

出展 こんな人生は絶対嫌だ コミックス第1巻より

翌日、不良たちに屋上へ呼び出される紗希。

特に何をされるというわけでもなく、話の流れで紗希は家庭での不満を不良たちに漏らしました。

それを受け入れてくれる不良たちに紗希は警戒心が薄くなり、また勧められるがままに煙草を吸うのでした。

すると「昨日よりも何だか苦くない」と、紗希は不良たちに少し心を許します。

しかし、この不良たちは夜になるとオヤジ狩りをしている集団でした。

出展 こんな人生は絶対嫌だ コミックス第1巻より

この日を境に、紗希はこの不良たちの非行に巻き込まれていくことになってしまい—–。

『こんな人生は絶対嫌だ』評価(独自の評価です)

作画に関しては、全体的に青年向けの画風だと感じました。

人物は顔のバランスが気になる部分もありましたが、背景の書き込みは丁寧にされています。

ストーリーに関しては、真面目な性格な主人公・紗希が不良たちを通じて逃げ出せないところまで落ちてしまうという内容です。

紗希は家庭環境に問題を抱えているので、単に「不良たちと関わる方が悪い」とも思いきれず、どこかで助かってほしいと願ってしまいます。

不良たちも途中で大人たちにやり返されてしまい、不良に関った紗希がどうなってしまうのかと先の展開が気になります。

また、登場する不良はオヤジ狩りなどの非行をしていますが仲間想いなところはあり、紗希をイジメようとしているわけでもないので完全には憎み切れず…。

不良たちが大人から形勢逆転されると少し不良側に感情移入してしまいます。

紗希はどちらかというと流されやすい性格なので煮え切らないタイプの主人公が苦手な人には合わないかもしれません。

社会の闇や、主人公が不幸側に引きずる込まれる漫画が好きな人にはおすすめです。

総評★★★☆☆

【ターゲット層】20代~の男女

【ストーリー】真面目な主人公が不良との関係を通して沼に落ちていくストーリー

【オススメポイント】社会の闇、サスペンス

コメント

タイトルとURLをコピーしました