『モブ子の恋』作品紹介(あらすじ・評価)

漫画紹介

漫画『モブ子の恋』とは

題名:『モブ子の恋』

作者:田村茜

出版社:コアミックス

掲載雑誌:月間コミックゼノン

巻数:既刊9巻(2021/4/27現在)

『モブ子の恋』あらすじ

この漫画の主人公は田中信子(たなかのぶこ)、大学2年生。

スーパーのアルバイトを始めて1年経っていました。

信子という名前を「モブ子」と聞き間違えられた経験もあり、信子は自分でも自分をモブのような存在だと思っていました。

自分をモブ子というくらいに信子は控えめな性格で、人と話すのにも緊張してしまいます。

出展 モブ子の恋 コミックス第1巻より

アルバイトを始めて1年経ちますが、未だにアルバイト仲間の連絡先も知りません。

そんな中、安部さんという女子大学生が信子のアルバイト先に新人として入ってきます。

安部さんは信子とは違って明るく、初対面の信子に対しても気さくです。

信子はコミュニケーションが苦手なので、そんな明るい新人の阿部さんに仕事を教えるということにそわそわし、しどろもどろになってしまいます。

そんな時、同じアルバイト仲間の入江くんが、助け舟を出してくれます。

実は、信子がアルバイトを始めたばかりの頃、困っていた信子を入江くんが助けてくれたことがあり、信子はその日から入江くんのことが気になっていたのでした。

しかし、信子自身はこの感情は恋だとは自覚していません。

そんな信子が少しずつ入江くんと近付き、成長していくストーリーです。

『モブ子の恋』評価(独自の評価です)

作画に関しては、表紙の通り、柔らかい感じの線画でほんわかしたタッチです。

どちらかというと女性受けするタッチだと思いますが、露骨な少女漫画というわけでもないのであっさりした感じのタッチが好みなら男性にも受け入れられやすいかなと思います。

ストーリーに関しては、引っ込み思案で大人しい信子が同じアルバイト先の入江くんに恋をしていく内容で、物語の終着点は決まっているように思います。

信子も入江くんも割と初期段階でお互いに対する恋心に気付くので、波乱万象の恋愛物語を求めている人よりは、ほのぼのとした甘い恋愛漫画が読みたい人におすすめです。

出展 モブ子の恋 コミックス第1巻より

不快なキャラクターや胸糞展開がないので、温かい気持ちになりながら読むことのできる漫画です。

キャラクターに関しては、主人公の信子は題名で「モブ子」と称されるほどの性格なので、引っ込み思案なタイプの女の子が好きかどうかが大きいかなと思います。

相手役の入江くんもどちらかというと落ち着いた性格の人で奥手な感じもあります。

試し読みなどして信子と入江くんの性格が好きならお勧めです。

総評★★★☆☆

【ターゲット層】10代~20代の女性

【ストーリー】引っ込み思案モブ子のほのぼの恋愛ストーリー

【オススメポイント】ほのぼの恋愛、やわらかい線画

コメント

タイトルとURLをコピーしました