『彼女ガチャ』作品紹介(あらすじ・評価)

漫画紹介

漫画『彼女ガチャ』とは

題名:『彼女ガチャ』

作者:吉宗

出版社:芳文社

掲載雑誌:コミックトレイル

巻数:既刊5巻(2021/4/22現在)

『彼女ガチャ』あらすじ

あるところに、彼女を作るために街コンに参加した佐藤という男性がいました。

そのきっかけは友人でした。

彼は、2次元が好きなオタク仲間に彼女ができたということを聞き、意地を張って自分にも彼女がいると嘘をついてしまいます。

すると、オタク仲間からダブルデートを持ち掛けられ、引くに引けなくなり了承してしまっていたのです。

しかし、参加した街コンでも思うように女性と話せず結果を残すことができませんでした。

その晩、佐藤は【彼女ガチャについてのご案内】というメールを受信します。

出展 彼女ガチャ コミックス第1巻より

胡散臭いとは思いながらも、メールに記載してあった住所を見てガチャ会場という場所に行きます。

すると案内人だという女性に連れていかれたのはガチャポンがある部屋。

しかし、普通のガチャポンではなく、人間と思われる女性が入った大きなカプセルガチャポンでした。

案内人の女性は、このガチャポンに入っている女性は現実の女性であること、そして佐藤に好意を持っているがそこから関係を築くのは自分次第であると言うのです。

結局佐藤は5万円を払い、彼女ガチャを回すことになります。

ガチャポンから出てきた女性は藤本彩乃という綺麗な女性でした。

そしてこの日から佐藤は彼女と一緒に過ごすことになるのですが—–。

『彼女ガチャ』評価(独自の評価です)

この漫画の売りである彼女ガチャの女性たちは可愛く描かれています。

男性は冴えないキャラクターが多いのですが、女性が可愛いならいいという方にはお勧めです。

どちらかというと男性好みの作風だと思います。

ストーリーに関しては、オムニバス形式となっており、様々な事情で彼女ガチャをすることになった人たちの物語が1巻に数話詰め込まれています。

出展 彼女ガチャ コミックス第1巻より

因果応報的な終わり方もあれば感動系で終わる物語もあるので、1つの題材で色々な展開が見たい人にはぴったりです。

出てくる女性は容姿だけでなく内面もそれぞれの個性があるので飽きることなく読むことができます。

彼女ガチャという現実ではあり得ない設定ですが、本当にあったら面白いなあという男性の欲望を満たしてくれる作品だと思います。

ただイチャイチャ系の話ではないのでそれを期待している人は注意です。

キャラクターに関しては、彼女ガチャというくらい様々な女性が出てきますので、いつかは自分の理想の女性が出てくると思います。

オムニバス形式ということもあり、一人の物語に焦点を当て続けているわけではないので、いわゆる「〇〇推し」みたいな感覚にはなれないと思います。

気に入った女性が出てきてもその話で終わります。

ただ、色々なタイプの女性が見たい人にはぴったりです!

総評★★★☆☆

【ターゲット層】10代後半~30代の男性

【ストーリー】彼女ガチャをする男性たちの物語

【オススメポイント】様々なタイプの女性、若干エロ要素あり

コメント

タイトルとURLをコピーしました