『ブサメンガチファイター』作品紹介(あらすじ・みどころ)

漫画紹介

漫画『ブサメンガチファイター』とは

題名:『ブサメンガチファイター』

原作:弘松涼/漫画:上月ヲサム

出版社:スクウェア・エニックス

掲載雑誌:月間ビッグガンガン

巻数:全6巻

『ブサメンガチファイター』あらすじ

 この漫画の主人公は吉岡しげる。

自他共に認める「ブサメン」です。

6年前、痴漢冤罪にあい、ブサメンだからという理由で証言をまともに聞いてもらえず、諦めて罪を認め賠償金を払ったことがありました。

それ以来女性がトラウマになり、上手くコミュニケーションが取れず、いつのまにか無職の引きこもりになってしまったのです。

そんな人生負け犬のしげるでしたが、ある日しげるの人生を大きく動かす出来事が起こります。

最近、東京都で謎の失踪事件が起きていました。

この事件はネット上でも話題にあがっており、専用のスレッドが立てられている程でした。

そのスレッドを覗いたしげるは、ある書き込みに目を止めます。

それは、失踪事件の元被害者を名乗る男性で、「俺は失敗したから寿命の半分を犠牲にしてこの世界に戻ってきた」というのです。

そして「深夜2時、パソコンを上に向けて窓を開けたまましばらく両手をあげる」と新しい世界に行くことができると—–。

怪しさ満点でしたが、興味本意で男性の書き込みと同じ行動をするしげる。

すると、パソコンのウィンドウにステータス割り振り場面が表れて—–。

出展:ブサメンガチファイター コミックス1巻より

『ブサメンガチファイター』みどころ

「異世界に行った主人公が無双する」という、今流行りのなろう系です。

ただし、普通のなろう系と違うのは「主人公がブサイクである」ということ

実は最初のステータス場面でルックスの割り振りもできるのですが、そこをあえて現実世界の自分に合わせて「マイナス255」という値にします。

しかも、「女の子に触れたら体力1割減、エッチをしたら死亡」という斬新な能力を特記事項に記載します。

すると、その代価に「成長率13000」「経験値上昇率1万倍」というボーナス能力を付加することができたのです。

なろう系にありがちな「イケメンで最強の俺」ではなく、「ブサメンの代償に最強になった俺」という、能力が最強なことに納得がいくようになっています。

また、異世界に行った主人公は仲間パーティーを組むことになるのですが、主人公がブサメンなため、最初は仲間からの評価(特に女性からの評価)が低いです。

仲間パーティーのヒロインかと思われる女性は、最初はブサメンのしげるに冷たくて印象が悪いくらいでした。

しかし、次第に主人公の人の良さに気付き、少しずつ絆を築いていくことになります。

その過程が自然で、ストーリー展開が他のなろう系よりもリアルに近いと感じました。

また、下記の画像に載っている人物達が仲間パーティー(右下が主人公・左上がヒロイン)です。

出展:ブサメンガチファイター コミックス1巻より

主人公以外は美男美女というのもアンバランスで面白いです。

どのキャラクターにも魅力があるので、好みのキャラクターがいればおすすめです。

ストーリーがご都合展開ではなく、ブサメンの主人公という真新しいなろう系に興味がある人はぜひ漫画を手に取って読んでみてください。

全6巻で完結しているので集めやすいのもおすすめポイントです。

『ブサメンガチファイター』こんな人におすすめ

□なろう系の漫画が読みたい人

□ブサメンが主人公の漫画が読みたい人

コメント

タイトルとURLをコピーしました