『きみに恋する殺人鬼』作品紹介(あらすじ・みどころ)

漫画紹介

『きみに恋する殺人鬼』とは

題名:きみに恋する殺人鬼

作者:あきやまえんま

出版社:小学館

掲載雑誌:裏少年サンデー

巻数:既刊2巻(2021/10/22現在)

『きみに恋する殺人鬼』あらすじ

この漫画の主人公は鈴木龍斗、大学生です。

龍斗は高校の頃までは地味で大人しく、いわゆる大学デビューと言われる部類の人間でした。

仲間の陽キャグループとは無理してつるんでいました。

そんなある日、新歓コンパの集まりに参加します。

普段から陽キャグループの下っ端のような位置にいた龍斗はコンパの時にも仲間のグループからいじられます。

何だか居づらくなり、トイレに行くと告げてその場から離れる龍斗。

するとトイレの前にいる女の子に目を奪われます。

出典 きみに恋する殺人鬼 コミックス第1巻より

彼女の名前は吉崎心愛(ここあ)。

龍斗とは同学年のとても可愛らしい子です。

その場は何話さずに終わりますが、龍斗が再びトイレに行くとまた心愛と会います。

そして今度は心愛に話しかけられる龍斗。

話を聞いていくと、どうやら心愛も場の雰囲気が苦手で、トイレに行くと嘘をついて逃げてきたようでした。

お互いに騒がしいノリが苦手ということで話が盛り上がる2人。

最期には「これから仲良くしたい」と心愛から連絡先の交換を告げられます。

そして新歓コンパが終わり、家に帰ろうとする龍斗でしたが、心愛から相談事を持ち掛けられます。

何と心愛は少し前からストーカー被害に遭っていると言うのです。

出典 きみに恋する殺人鬼 コミックス第1巻より

恋人の陰をちらつかせたらストーカーも諦めてくれるだろうとのことで、心愛から「付き合うふりをしてほしい」と頼まれる龍斗。

心愛のためにと恋人のふりを承諾することになったのですが—–。

『きみに恋する殺人鬼』みどころ

「きみに恋する殺人鬼」₋₋₋₋₋絵柄の雰囲気からは想像できない題名です。

普通の恋愛漫画であれば、冴えない主人公が可愛い女の子とお知り合いになるという嬉しい展開なのですが、題名から不穏なことを予想してしまいます。

実際に1話目の冒頭で龍斗が死体の処理をしているプロローグがあり、恐らく心愛に関わったことで殺人鬼になってしまうのではないかと考えられます。

また、心愛のことをよく知っている友人が「心愛には近づかない方がいい」と龍斗に助言をする場面もあり、心愛自身に何か大きな秘密がありそうです。

どのような経緯で題名の「きみに恋する殺人鬼」になるのか、展開にドキドキしながら読むことができます。

ダークな展開になる恋愛漫画が好きな人にはおすすめです。

『きみに恋する殺人鬼』こんな人におすすめ

□可愛い女の子が出てくる漫画が読みたい人

□ダークな漫画が読みたい人

コメント

タイトルとURLをコピーしました