『月影ベイべ』作品紹介(あらすじ・みどころ)

漫画紹介

『月影ベイべ』とは

題名:月影ベイべ

作者:小玉ユキ

出版社:小学館

掲載雑誌:月刊flowers

巻数:全9巻

『月影ベイべ』あらすじ

この漫画の主人公は佐伯光、男子高校生です。

八尾という町では、毎年九月に、伝統芸能である「おわら」といい民謡と踊りを楽しむお祭りがあります。

光の通う学校でも、六月の体育祭でおわらを踊ることになっていました。

そんな折、東京から転校してきた峰岸蛍子という女の子が光のクラスの一員になります。

蛍子は美人なのですが、感情の起伏があまり見られず、一部からは能面のようだと陰口をたたかれていました。

そんな蛍子にも体育祭で踊るおわらについてクラスメイトが説明をするのですが、蛍子は「興味ない」と無表情で切り捨ててしまいます。

次第にクラスメイトからも遠巻きに見られる蛍子。

そんな時、おわらの練習をする授業がやってくるのですが、蛍子はほとんど踊らずにその場所を離れてしまいます。

その後曲かけのためのCDを忘れた光は教室に取りに戻ります。

そこにいたのは蛍子。

女踊りという難しいものを踊っていました。

出典 月影ベイべ コミックス第1巻より

蛍子のしなやかな踊りに光は目を奪われます。

しかし、見ていたことがバレて、蛍子に逃げられてしまいます。

放課後、自宅へと帰る蛍子に話しかけ先程の行為の意図を問う光。

その答えは聞けなかったものの、「ちゃんと踊れていた」という光の言葉に涙を流す蛍子のことがさらに気になってしまいます。

その後、帰る途中に光の伯父が経営している土産屋に立ち寄ることになりました。

すると、ヒカルの伯父と蛍子は顔見知りだったようで—–。

出典 月影ベイべ コミックス第1巻より

『月影ベイべ』みどころ

伝統芸能「おわら」がこの漫画の題材ということで、光達が体育祭や町の祭りでおわらを披露する展開になっていきます。

最初はクラスの雰囲気になじもうとしなかった蛍子も、光やクラスメイト達により少しずつ心を開いていく様子は微笑ましいです。

そんな蛍子に心奪われ、いつの間にか特別な感情を抱く光でしたが、蛍子には思い人がいました。

それは、光の伯父です。

2人は以前東京で出会ったらしいのですが、関係を聞いても光には教えてくれません。

その後、蛍子は光の伯父のお店に通うようになります。

光の伯父と蛍子は2人だけの世界観を醸し出し、周りからも関係を怪しまれるようになります。

伯父のことが大好きな光は、伯父が世間から冷たい目で見られないようにと、隠れみのとして蛍子と付き合うふりをしだします。

しかし、その裏で蛍子に惹かれ続ける光が切ないです。

光、蛍子、光の伯父₋₋₋₋₋入り交ざる恋の行方が気になります。

独特な世界観が好きな方にはおすすめです。

『月影ベイべ』こんな人におすすめ

□伝統芸能を題材にした漫画が読みたい人

□切ない片思いの描写がある漫画が読みたい人

コメント

タイトルとURLをコピーしました