『冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する』作品紹介(あらすじ・みどころ)

漫画紹介

『冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する』とは

題名:冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する

原作:御子柴奈々 / 作画:佐々木宣人 / キャラクター原案:梱枝りこ

出版社:講談社

掲載雑誌:マガジンポケット

巻数:既刊5巻(2021/9/12現在)

『冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する』あらすじ

この漫画の主人公はレイ=ホワイト。

アーノルド学院という、世界有数の魔術学院に通うことになります。

アーノルド学院は元々貴族出身でないと入学できない学校で、今年初めて一般人入学が解禁されました。

レイは一般人という立場なのですが、この学校は貴族のランクで派閥が決まってしまい、一般人だということが分かると差別的な態度をとられてしまいます。

そのような環境の中でも、レイに対して分け隔てなく接してくれる人もいました。

彼女の名前はアメリア・ローズ。

出典 冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する コミックス第1巻より

三大貴族・ローズ家の長女で、魔力の成績も優秀です。

アメリアと話をしていくうちに、“冰剣の魔術師”がこの学校に入学しているという噂が流れていることを知ります。

”冰剣の魔術師”とは、数年前から話題に上がっている天才魔術師で、世界七大魔術師の1人とさえ言われているようです。

レイは初耳だというようにその話を聞き流しますが、実は”冰剣の魔術師”の正体はレイだったのです。

自身の正体を隠しながら、ある目的をもってこの学校に入学したレイ。

果たして彼の目的とは—–。

『冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する』みどころ

魔術師や魔法などのファンタジー要素があり、主人公のレイが伝説の”冰剣の魔術師”であるという、いわゆるなろう系の漫画です。

正体は隠しながら学園生活を過ごすため、魔法の授業でも本来の力をセーブしています。

一般人出身ということも相まって、貴族出身の輩たちに絡まれ、喧嘩を吹っ掛けられることもしばしば。

出典 冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する コミックス第1巻より

その度に冷静にかわすレイはクールです。

また、レイの味方に付くアメリアとのやり取りが微笑ましいです。

主人公のレイとヒロインのアメリアは好感のもてるキャラだと思います。

ファンタジー要素を含むなろう系の漫画が好きな人にはおすすめです。

『冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する』こんな人におすすめ

□なろう系の漫画が読みたい人

□SF・ファンタジー系の漫画が読みたい人

コメント

タイトルとURLをコピーしました