『青野くんに触りたいから死にたい』第7巻作品紹介(あらすじ・みどころ)

漫画紹介(2巻以降)

漫画『青野くんに触りたいから死にたい』とは

題名:『青野くんに触りたいから死にたい』

作者:椎名うみ

出版社:講談社

掲載雑誌:月間アフタヌーン

掲載時期:2017年2月号~連載中

巻数:既刊8巻(2021/10/12現在)

『青野くんに触りたいから死にたい』主要人物

◯刈谷優里(かりやゆうり)…この物語の主人公。青野に一目惚れして告白する。


◯青野龍平(あおのりゅうへい)…優里と付き合った日の2週間後に交通事故で死ぬ。青野の幽霊の姿が見えるのは優里だけ。

◯藤本雅芳(ふじもとまさよし)…青野の友人。


◯堀江美桜(ほりえみお)…優里のクラスに所属している不登校の女の子。ホラーな話が好き。

〇渡瀬さん、結菜ちゃん、大翔くん…優里の学童アルバイト先の小学生。四ツ首を呼ぶ儀式をしてしまう。

『青野くんに触りたいから死にたい』第7巻あらすじ

無事に渡瀬さんと結菜ちゃんと合流した優里。

しかし、列をなし異様な雰囲気で歩みを進めている霊の集団の中に大翔くんがいました。

彼等は山の奥に進み滝の場所までたどり着くと、一人ずつ滝の入り口に入り姿を消してしまいます。

このままではすぐに大翔くんの番が来てしまいます。

慌てる優里たちに向かって、もう一人の青野くんは、大翔に続いて渡瀬さん結菜ちゃんも滝に飛び込むように言います。

青野くんによると、大翔・渡瀬・結菜の三人が蒼太を呼び寄せたため、この3人で蒼太の首を切らなくては元の世界には戻れないそうです。

出典 青野くんに触りたいから死にたい コミックス第7巻より

仕方なく、優里と渡瀬さんと結菜ちゃんは滝の中に飛び込むことになるのですが—–。

『青野くんに触りたいから死にたい』第7巻みどころ

いよいよ「四ツ首様編」クライマックスです。

滝の中に飛び込んだ優里たちでしたが、それぞれ不思議な空間に飛ばされます。

その中でも優里は青野くんと一緒に暮らしているという不思議な世界に行くことになります。

出典 青野くんに触りたいから死にたい コミックス第7巻より

現実では青野くんは死んでいるため実際にはありえない設定です。

優里はこの空間の中で何か月も過ごすことになるのですが、次第に青野くんの様子がおかしくなっていきます。

果たして優里たちは無事に帰ってこれるのでしょうか。

「四ツ首様編」はどのような終わり方を迎えるのか、是非確かめてみてください。

『青野くんに触りたいから死にたい』こんな人におすすめ

□ホラー漫画が好きな人

□恋愛系の漫画が好きな人

□不思議な雰囲気の漫画が読みたい人

□可愛らしい絵の漫画が読みたい人

コメント

タイトルとURLをコピーしました