『ヒメゴト~十九歳の制服』第7巻 作品紹介(あらすじ・みどころ)

漫画紹介(2巻以降)

漫画『ヒメゴト~十九歳の制服』とは

題名:『ヒメゴト~十九歳の制服~』

作者:峰浪りょう

出版社:小学館

掲載雑誌:モバMAN

掲載時期:2010年7月号~2014年11月号

巻数:全8巻

『ヒメゴト~十九歳の制服~』主要人物

〇櫟原由樹(いちはらゆき)…十九歳の大学生。あだ名は「ヨシキ」。ボーイッシュな格好をしているが、「女の子らしくしたい」という欲求がある。佳人のことが好き。

〇永尾未果子(ながおみかこ)…とても可愛らしい見た目の十九歳。表向きは箱入り娘だが、自分を十五歳と偽って援助交際をしている。由樹のことが好き。

〇相葉佳人(あいばかいと)…ヨシキや未果子と同じ大学に通う男の子。中世的な顔立ちで「女の子になりたい」という欲求を叶えるために女装をしている。未果子に憧れている。

〇根本祥(ねもとしょう)…幼い頃から由樹と仲良くしている男友達。由樹のことが好き。

『ヒメゴト~十九歳の制服』あらすじ・みどころ

由樹を追いかけた佳人は、未果子との本当の関係を由樹に話そうとしていました。

由樹に全て伝えたら未果子との呪縛も消え、逃げることができるのではないかと。

しかし、未果子への情も残っており、佳人は未果子の援助交際について話すことができませんでした。

代わりに佳人は、「自分が未果子に頼んで一緒の制服を着てもらった」という説明を由樹にします。

由樹は、佳人がまだ未果子への未練があることを指摘し、嘘を吐いていたと佳人を責めます。

佳人は意を決したように、自分が求めているのは女友達で、由樹とは恋人の関係にはなれないことを伝えます。

出典  ヒメゴト~十九歳の制服~ コミックス第7巻より 

これで由樹との関係を終わりにするつもりの佳人でしたが、由樹から「女友達でもいい」すがられます。

それを受け入れてしまう佳人。

由樹は、建前上は女友達として接しますが、やはり佳人への想いを諦めきれず、一人で慰めてしまいます。

そこに未果子がやってきて、二人は一線を越えた関係になってしまうのです。

この後、あることをきっかけに由樹と佳人と未果子の三人で一時的に暮らすことになります。

出典 ヒメゴト~十九歳の制服~ コミックス第7巻より

しかし、三人で暮らしている間は恋愛関係などそういう感情を持ち込まない、ということが条件でした。

それを承諾する三人。

佳人への想いを諦めきれないまま、未果子との関係を続ける由樹。

由樹のことが好きなのに、次第に佳人といる心地よさを覚えていく未果子。

由樹と未果子とこの生活を続けるために、女に身体を売ってお金を稼ぐ佳人。

‐‐‐‐‐交錯する三人の想い、次回最終巻でどのような着地点を迎えるのでしょうか。

『ヒメゴト~十九歳の制服』こんな人におすすめ

□心理的な描写が上手な漫画が読みたい人

□どろどろの人間関係が描写されている漫画が読みたい人

□多少のエロ展開が好きな人

□綺麗な絵の漫画が読みたい人

コメント

タイトルとURLをコピーしました