『ヒメゴト~十九歳の制服~』第6巻 作品紹介(あらすじ・みどころ)

漫画紹介(2巻以降)

漫画『ヒメゴト~十九歳の制服~』とは

題名:『ヒメゴト~十九歳の制服~』

作者:峰浪りょう

出版社:小学館

掲載雑誌:モバMAN

掲載時期:2010年7月号~2014年11月号

巻数:全8巻

『ヒメゴト~十九歳の制服~』主要人物

〇櫟原由樹(いちはらゆき)…十九歳の大学生。あだ名は「ヨシキ」。ボーイッシュな格好をしているが、「女の子らしくしたい」という欲求がある。佳人のことが好き。

〇永尾未果子(ながおみかこ)…とても可愛らしい見た目の十九歳。表向きは箱入り娘だが、自分を十五歳と偽って援助交際をしている。由樹のことが好き。

〇相葉佳人(あいばかいと)…ヨシキや未果子と同じ大学に通う男の子。中世的な顔立ちで「女の子になりたい」という欲求を叶えるために女装をしている。未果子に憧れている。

〇根本祥(ねもとしょう)…幼い頃から由樹と仲良くしている男友達。由樹のことが好き。

あらすじ・みどころ~未果子編~

前巻『ヒメゴト~十九歳の制服~』第5巻作品紹介(あらすじ・みどころ)はこちら

未果子が援助交際をすることになったきっかけ‐‐‐‐‐それは、家庭環境にありました。

貧しい家で祖母と二人暮らしの未果子。

お金がないため、中学を卒業したら働けと祖母に言われていました。

心配してくれた担任の先生も、未果子が中学を卒業したら身体を求めてくるようになります。

次第に貰えるお小遣いの額も減り、未果子は先生を切り捨て援助交際への道に踏み出します。

実家には生活保護の祖母のみ、援助交際をやめてしまえばまともな生活すらできないと言う未果子に対して、佳人は自分が何とかすると言い出します。

そして援助交際の場に佳人を連れていくことになるのですが、そこで未果子は新しい遊びを思いつきます。

あらすじ・みどころ~佳人編~

佳人は、由樹を救うべく未果子との接触を続けますが、次第に未果子も救いたいと思うようになりました。

ひとまずは未果子の援助交際をやめさせようとします。

出典 『ヒメゴト~十九歳の制服~』 コミックス第6巻より

未果子からお揃いの制服を着せられ、夜の町を歩く佳人。

これだけで未果子が満足できるならずっと付き合うつもりでしたが、未果子に連れていかれた先はホテルでした。

そこに待ち構えていたのは援助交際の客。

どうやら、人に見られながら未果子と行為をしたいという要望の客のようです。

未果子の異常な行動にもう付き合っていられないと逃げ出そうとする佳人でしたが‐‐‐‐‐

あらすじ・みどころ~由樹編~

制服をまとい、夜の街を歩くことに快感を覚えた由樹は何度もその行為を繰り返します。

そしてついに、制服姿で歩いているのを未果子と佳人に見付かってしまいます。

出典 ヒメゴト~十九歳の制服~ コミックス第6巻より

しかし、未果子と佳人も制服姿で一緒にいたことが分かり、その場から立ち去ってしまう由樹。

追いかけてきた佳人と、お互いに全部隠してることを話そうと言うのですが‐‐‐‐‐。

『ヒメゴト~十九歳の制服』こんな人におすすめ

□心理的な描写が上手な漫画が読みたい人

□どろどろの人間関係が描写されている漫画が読みたい人

□多少のエロ展開が好きな人

□綺麗な絵の漫画が読みたい人

コメント

タイトルとURLをコピーしました