『ヒメゴト~十九歳の制服~』第5巻 作品紹介(あらすじ・みどころ)

漫画紹介(2巻以降)

漫画『ヒメゴト~十九歳の制服~』とは

題名:『ヒメゴト~十九歳の制服~』

作者:峰浪りょう

出版社:小学館

掲載雑誌:モバMAN

掲載時期:2010年7月号~2014年11月号

巻数:全8巻

『ヒメゴト~十九歳の制服~』主要人物

〇櫟原由樹(いちはらゆき)…十九歳の大学生。あだ名は「ヨシキ」。ボーイッシュな格好をしているが、「女の子らしくしたい」という欲求がある。佳人のことが好き。

〇永尾未果子(ながおみかこ)…とても可愛らしい見た目の十九歳。表向きは箱入り娘だが、自分を十五歳と偽って援助交際をしている。由樹のことが好き。

〇相葉佳人(あいばかいと)…ヨシキや未果子と同じ大学に通う男の子。中世的な顔立ちで「女の子になりたい」という欲求を叶えるために女装をしている。未果子に憧れている。

〇根本祥(ねもとしょう)…幼い頃から由樹と仲良くしている男友達。由樹のことが好き。

あらすじ・みどころ~由樹編~

前巻『ヒメゴト~十九歳の制服~』第4巻作品紹介(あらすじ・みどころ)はこちら

未果子の気持ちが佳人に向かないように未果子と付き合い始めた由樹でしたが、佳人からは「もう未果子とは関わらないでほしい」と言われます。

未果子のことが好きだから自分と未果子を引き離そうとしていると勘違いした由樹は、佳人を拒絶しまてしまいます。

しかし、ある日佳人に呼ばれて佳人の家に行ってみると、未果子とお揃いの洋服が全て捨ててありました。

「未果子よりも女友達の由樹が大事だから」と佳人に言われるのですが、女友達という壁は越えることができず、モヤモヤを抱えてしまうのでした

出典 ヒメゴト~十九歳の制服~ コミックス第5巻より

あらすじ・みどころ~未果子編~

由樹と付き合い始めたものの、由樹が本当に好きなのは自分ではなく佳人だということに気付いた未果子。

そのことも承知で由樹と付き合い続けていました。

佳人に自分の正体がばれても動じず、むしろ互いの秘密を共有しようとします。

しかし、佳人から「自分が憧れていた女の子がこんな安っぽいお金で買われてほしくない」と真っ直ぐな気持ちをぶつけられ、少し心が揺らいでしまうのでした

出典 ヒメゴト~十九歳の制服~ コミックス第5巻より

あらすじ・みどころ~佳人編~

未果子の正体を知り、由樹と未果子を引き離そうとしますが、詳細を話せるわけもなく、中々上手くいきません。

そんな中、未果子と二人で話す機会ができ、「未果子の秘密を由樹には受け入れさせない」と強気に出る佳人でしたが、未果子に「じゃあ貴方が私を受け止めて」と言われてしまいます。

憧れの未果子と同じ服を着て夜の町を歩くのですが、未果子の正体を知っているため手放しで喜ぶことができません。

それどころか、未果子が援助交際を続けることに関して快く思っていない佳人は、もうそんなことをしなくていいように年上の彼女から貰っているカードを未果子に渡すのですが‐‐‐‐‐。

少しずつ変わり始めていく3人の関係に注目です

『ヒメゴト~十九歳の制服』こんな人におすすめ

□心理的な描写が上手な漫画が読みたい人

□どろどろの人間関係が描写されている漫画が読みたい人

□多少のエロ展開が好きな人

□綺麗な絵の漫画が読みたい人

コメント

タイトルとURLをコピーしました