『ヒメゴト~十九歳の制服~』第4巻 作品紹介(あらすじ・みどころ)

漫画紹介(2巻以降)

漫画『ヒメゴト~十九歳の制服~』とは

題名:『ヒメゴト~十九歳の制服~』

作者:峰浪りょう

出版社:小学館

掲載雑誌:モバMAN

掲載時期:2010年7月号~2014年11月号

巻数:全8巻

『ヒメゴト~十九歳の制服~』主要人物

〇櫟原由樹(いちはらゆき)…十九歳の大学生。あだ名は「ヨシキ」。ボーイッシュな格好をしているが、「女の子らしくしたい」という欲求がある。佳人のことが好き。

〇永尾未果子(ながおみかこ)…とても可愛らしい見た目の十九歳。表向きは箱入り娘だが、自分を十五歳と偽って援助交際をしている。由樹のことが好き。

〇相葉佳人(あいばかいと)…ヨシキや未果子と同じ大学に通う男の子。中世的な顔立ちで「女の子になりたい」という欲求を叶えるために女装をしている。未果子に憧れている。

〇根本祥(ねもとしょう)…幼い頃から由樹と仲良くしている男友達。由樹のことが好き。

あらすじ・みどころ~由樹編~

前巻『ヒメゴト~十九歳の制服~』第3巻作品紹介(あらすじ・みどころ)はこちら

女の子らしい服装で大学に通い出した由樹。

周りの視線がいつもと違うのを感じます。

佳人の友達である章雄(あきお)に声をかけられ、佳人も含めた友達グループで遊びに行こうと誘われますが、それを断ります。

由樹は、一緒に雨宿りをした日から未果子が大学を休んでいることを知り、未果子を心配してお見舞いに行こうとしていたのです。

しかし、未果子の家に向かう途中、佳人から「未果子のお見舞いについていく」と声をかけられます。

佳人によると「お見舞いに行けば未果子に近付けるし、由樹と付き合っているという誤解を解ける」という目的もあるようでした。

また、友達の章雄が由樹に対してアプローチをかけていることを喜ばしく思う佳人に対してモヤモヤし、由樹は一人で未果子のお見舞いに行くのでした。

あらすじ・みどころ~未果子編~

由樹に対して特別な感情を抱きますが、そこに性的な快楽が伴わないことに悩みます。

ある日、いつものように援助交際をしていると、「自分の娘と同じくらいの年齢だ」と客に言われます。

冗談でそのことを軽く非難しますが、「家族を大切に思う気持ちと性的な欲求は別物だ」と返答され、未果子はあることに気付きます。

出典 ヒメゴト~十九歳の制服~ コミックス第4巻より

由樹に対しては性的な快楽を求める気持ちはなく、自分が唯一十九歳の女の子として接することができる相手であると。

援助交際をしている自分と、由樹と一緒にいる時の自分は別物だと納得をするのです。

しかし、自分のお見舞いに来た由樹の格好が女らしくなっていることに驚き…

あらすじ・みどころ~佳人編~

未果子へのお見舞いに行けなくなり、帰ろうとする佳人でしたが、人混みの中で祥を見付けます。

ずっと大学を休んでいた祥を心配して声をかけるのですが、祥から未果子と付き合っていることを聞かされ驚きます。

その話が真実かどうかモヤモヤする佳人。

ある日、未果子が由樹の家から出てくるのを見かけて更に困惑します。

思わず後をつける佳人でしたが、制服に着替えた未果子が男性とホテルに入っていくのを見てしまい‐‐‐‐‐

出典 ヒメゴト~十九歳の制服~ コミックス第4巻より

『ヒメゴト~十九歳の制服』こんな人におすすめ

□心理的な描写が上手な漫画が読みたい人

□どろどろの人間関係が描写されている漫画が読みたい人

□多少のエロ展開が好きな人

□綺麗な絵の漫画が読みたい人

次巻『ヒメゴト~十九歳の制服~』第5巻(あらすじ・みどころ)はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました