『ヒメゴト~十九歳の制服~』第3巻 作品紹介(あらすじ・みどころ)

漫画紹介(2巻以降)

漫画『ヒメゴト~十九歳の制服』とは

題名:『ヒメゴト~十九歳の制服~』

作者:峰浪りょう

出版社:小学館

掲載雑誌:モバMAN

掲載時期:2010年7月号~2014年11月号

巻数:全8巻

『ヒメゴト~十九歳の制服~』主要人物

〇櫟原由樹(いちはらゆき)…十九歳の大学生。あだ名は「ヨシキ」。ボーイッシュな格好をしているが、「女の子らしくしたい」という欲求がある。

〇永尾未果子(ながおみかこ)…とても可愛らしい見た目の十九歳。表向きは箱入り娘だが、自分を十五歳と偽って援助交際をしている。由樹のことが好き。

〇相葉佳人(あいばかいと)…ヨシキや未果子と同じ大学に通う男の子。中世的な顔立ちで「女の子になりたい」という欲求を叶えるために女装をしている。未果子に憧れている。

〇根本祥(ねもとしょう)…幼い頃から由樹と仲良くしている男友達。由樹のことが好き。

あらすじ・みどころ~由樹編

前巻『ヒメゴト~十九歳の制服~』第2巻作品紹介(あらすじ・みどころ)はこちら

佳人への恋心を意識し始めた由樹。

佳人の行動にドキドキしますが、佳人からは友達以上として接されることはありませんでした。

それどころか、佳人の部屋にある未果子とお揃いの服を見て、未果子に対する佳人の想いを再確認します。

さらに、佳人からは、自分と由樹が付き合っているという未果子の誤解を解いて欲しいと頼まれてしまいます。

出典 ヒメゴト~十九歳の制服~ コミックス第1巻より

佳人から恋愛感情を向けられることが無いのだと気付いた由樹は、この恋心を隠したまま佳人を想い続けることを決意するのでした。

あらすじ・みどころ~未果子編~

「由樹が自分に憧れて自分の格好を真似している」と誤解している未果子。

大学で由樹を見かけると積極的に声をかけます。

出典 ヒメゴト~十九歳の制服~ コミックス第1巻より

由樹は「佳人に対する未果子の気持ち」を確認しているのですが、未果子にとっては「由樹が未果子のことを好きだから女装のを聞いてくる」と勘違いをしてしまいます。

そんなすれ違いの日々を送っている2人でしたが、ある時、雨宿りをしていた際に、成り行きで未果子は由樹と一緒にラブホテルに入ることになります。

まさかの状況にテンションが上がる未果子。

由樹が寝てしまった後こっそり由樹にキスをしてしまいます。

しかし、由樹のことが大好きなはずなのに、身体は反応を示しません。

未果子はいつも自分がしている援助交際のように「汚れていないと濡れない」ことに気付き始めるのです。

あらすじ・みどころ~佳人編~

由樹からの恋心に気付き始めた佳人でしたが、佳人は由樹と女友達のままでいたいと思っていました。

由樹に対して友達以上の感情がないことを間接的に伝えようとします。

また、由樹を通して未果子に近付きたいと思い、未果子ともっと親密になることを由樹に頼みます。

しかし、由樹と未果子が半裸で抱き合っていた場面に遭遇し、その後二人がラブホテルに行ったことを由樹から聞きます。

由樹に対する未果子の感情が特別なものであることに気付く佳人は、早く由樹に女らしくなってほしいと急かすのでした。

由樹➡佳人、佳人➡未果子、未果子➡由樹の三角関係はまだまだ続きそうです。

『ヒメゴト~十九歳の制服』こんな人におすすめ

□心理的な描写が上手な漫画が読みたい人

□どろどろの人間関係が描写されている漫画が読みたい

人□多少のエロ展開が好きな人

□綺麗な絵の漫画が読みたい人

次巻『ヒメゴト~十九歳の制服~』第4巻作品紹介(あらすじ・みどころ)はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました