『ヒメゴト~十九歳の制服~』第2巻 作品紹介(あらすじ・みどころ)

漫画紹介(2巻以降)

漫画『ヒメゴト~十九歳の制服~』とは

題名:『ヒメゴト~十九歳の制服~』

作者:峰浪りょう

出版社:小学館

掲載雑誌:モバMAN

掲載時期:2010年7月号~2014年11月号

巻数:全8巻

『ヒメゴト~十九歳の制服~』主要人物

〇櫟原由樹(いちはらゆき)…十九歳の大学生。あだ名は「ヨシキ」。ボーイッシュな格好をしているが、「女の子らしくしたい」という欲求がある。

〇永尾未果子(ながおみかこ)…とても可愛らしい見た目の十九歳。表向きは箱入り娘だが、自分を十五歳と偽って援助交際をしている。由樹のことが好き。

〇相葉佳人(あいばかいと)…ヨシキや未果子と同じ大学に通う男の子。中世的な顔立ちで「女の子になりたい」という欲求を叶えるために女装をしている。未果子に憧れている。

〇根本祥(ねもとしょう)…幼い頃から由樹と仲良くしている男友達。由樹のことが好き。

あらすじ・みどころ~由樹編~

前巻『ヒメゴト~十九歳の制服~』第1巻作品紹介(あらすじ・みどころ)はこちら

祥から迫られる由樹でしたが、祥のことはただの男友達としてしか見ておらず拒絶してしまいます。

由樹が「女らしくなりたい」という思いを抑えていたのは祥との関係も大きく関係していたため、祥が自分のことを初めから女として見ていたのなら今まで自分が我慢していたのは何のためだったのかと葛藤します。

祥と距離を置いた由樹に対して、佳人が世話を焼いてくれるようになるのですが、お互い秘密の関係を知っている「女友達」として接します。

しかし、祥との傷も次第に癒えてきた由樹は、佳人に対して「女友達」を超えた特別な感情を持ち始めることになるのです

出典 ヒメゴト~十九歳の制服~ コミックス第1巻より

あらすじ・みどころ~未果子編~

いつものように援助交際をした未果子は、帰り道に自分と同じ格好をした人物と出会います。

それは女装をした佳人だったのですが、後ろ姿だったため未果子は気付きません。

そして、女装した佳人の後を追いかけた未果子は、佳人が入っていった家を突き止めます。

少し時間が経過し、その家から由樹が出てきたのを見て、「私と同じ格好をしているのは由樹だ」と未果子は誤解をしてしまうのでした

出典 ヒメゴト~十九歳の制服~ コミックス第1巻より

また、未果子は、由樹のことを諦めきれない祥を排除しようと動き始めます。

未果子に言い寄られたと勘違いした祥は未果子の作戦にハマっていき—–。

あらすじ・みどころ~佳人編~

由樹の様子がおかしいことに気付き、由樹を問い詰める佳人。

自分が由樹にあげた洋服が人為的に破かれている状態を見ておおよそのことを理解します。

由樹のことを心配し、何かと世話を焼くようになる佳人。

しかし、佳人には由樹に対して特別な感情はもちません。

佳人は由樹と女友達であることが心地よく、その関係を続けたいと思っているのです。

由樹、未果子、佳人の三角関係に注目です!

『ヒメゴト~十九歳の制服』こんな人におすすめ

□心理的な描写が上手な漫画が読みたい人

□どろどろの人間関係が描写されている漫画が読みたい人

□多少のエロ展開が好きな人

□綺麗な絵の漫画が読みたい人

次巻『ヒメゴト~十九歳の制服~』第3巻作品紹介(あらすじ・みどころ)はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました